入れ物

糸を入れていた箱です。飾り棚に使えるかなと思い、元に戻せるように配慮して中敷を抜いてみました。

糸いれ
下段は細かく分かれ、上段は広く使えるようにしてみたんですが、ミシンの小さな糸巻きをいれてたようなので、小さく細かいものを分け入れるのにいいかもですね。

使う人でその仕切りに入るものが全然ちがって、入れるものの色彩もちがい、全く別物になりそうだなと。
そういう意味では、花をいける花瓶と変わらないもので、入れるものでみせる顔もちがい、入れる人でもちがう。
こんな糸いれでさえ、花器になりえる入れ物なんだなと、ふと中敷抜きしてたときに思いました。

スツール

スツールは、座具としての最初の形態のもので背や肘掛のないものです。
古くはエジプトでシート部分に皮や布を使い、折りたたみタイプや、ラッシング、木の板をつかったものが既に存在していますし、折りたたみのXになっている脚が、ギリシャとかになるとデザインとしてX状の脚が作られています。
椅子と身分、立場というもので分けられて使用された時代もあったようで、主人達が座る椅子に対して、他の人は、スツールに座るという光景がホールとかでみられていたんでしょうね。

店に置いてるスツールの一つは、アンダーフレームがついていて、さらに脚と繋げられているブラケットと呼ばれるパーツが付けられています。

RIMG0855

 

スツールでアンダーフレームが付くと、座が長方形のものをイメージしてしまうのですが、これは円形です。同様のものは、c1820~1840と紹介されているスツールがありました。
フレームを覆うので、座も大きくなり、他のスツールより大きくなっています。
座の裏に鉄の細い板状なものが角度つけて付けられていました。座の割れなどの修理でもなさそうです。アンダーフレームは、それを避けて掘り込まれている。なんの意味でつけてるんでしょう・・・。可動式ではないようですし・・・。
もしかして花器や装飾品などを置く背の高いスタンドからの転用?でも脚がしっかりしてるからそれはないかななどと思ったり。

          RIMG0857             RIMG0858

狭い場所の両方にブラケットが付いてるので、尖塔形にも見えて、ビクトリアン時代に流行ったゴシックリバイバルのように感じもしました。
とはいうもののイギリスにおいてゴシックリバイバルの家具は、後半になるにつれてものすごく大きくなり、装飾過多というイメージですが、こいつはわりとシンプルだし。
1900年代に入りエドワーディアンあたりまでいくのか?
よく家具を目の前にしてぐるぐるといろんな考えが巡ってます。

でも座も大きく構造的にも強いので、大柄な人でもどっしり座れるスツールだと思います。
スツールは、机の下にも潜りこませられ、場所もとらず、でしゃばらないスタイルにちょこっと座れる機能もあって好きな家具の一つです。

 

 

 

ボタン

19世紀のビクトリア時代に流行った黒いガラス製のボタン。
ビクトリア女王が、夫アルバート亡き後、喪に服し黒いものを多用したのが、この時期の黒の流行とも言われてます。

RIMG0668

あまり文学などとは程遠い自分ですが、ボタンに喪ということから、うっすら頭に昔目にした一つの詩がおぼろげに。

月夜の浜辺
月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
月に向つてそれは抛れず
浪に向つてそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
指先に沁み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?

- 中原中也 -

愛児を亡くした後に発表した詩ということでした。

Facebookの記事ですが

とても暖かく心地よい日曜日。ドア全開にして入ってくる風もまた心地よし。そういう天気には散策する人も増え、日本画家の方や和服の御許などいろいろな方に来て頂いて、いろんな話もできました。


椅子の修理を頼まれた方も来て、関わりがあるという先達者的な方の本をプレゼントしてくれました。かなりインパクトを受けた方の本なんで、愉しんでます。

RIMG0563


以前の著作のタイトル『ひとりよがりのものさし』もそうでしたが、今回のタイトル『古道具、その行き先』というタイトルだけでやられた感があります。


まだまだ迷走中ですが、自分がこれから照射しようとしているモノや空間、そして取り巻く人。これからも愉しみです。

目の前の椅子から思うこと

写真の椅子をウイッカーチェアと呼ぶ人もいます。ウイッカーチェアで辞書検索すると、籐椅子とでてきますが、天然ものや人工ものを編みこんだ家具などを総称して、Wickerを使うこともあるようです。特に夏や外で使う家具に対して使われているようです。このラッシュシートやロイドルームの椅子などもウイッカーチェアということになりますね。

この椅子は、脚を少し切られているせいで座面高は低くなっていますが、ドッシリ感がでているようです。ドッシリ感というか、低いから自分の脚を前に少しだすと、窮屈さがなくなるせいなのかもしれません。肘掛も付いていて、座った時の姿勢が開き気味になっているという、あくまで自分の感じからですけど。

でもこの椅子の脚は、前面が凸凹で塗装が剥げています。家具を修理していると、その傷や壊れた箇所の原因を考えるんですけど、これに関しては、前倒しになった椅子をシーソー状にしないとできそうにない傷なんですが、肘掛の先端には傷はなく、なんでこういう状況になったんだろって。うーん、猫や鼠だともっとシャープな傷だし云々・・・。実際小さい頃実家にあるソファの上に乗ってドッタンバッタンとシーソー状に遊んだことを思い出していました。

傷も脚のカットもその家具の歴史として表れています。それも一つの古家具の魅力になりうることですけど、家具の修復を勉強し始めた頃、修復の学会で、家具の天敵は、それは人間だと冒頭で発表していた人がいました。なんかガツーンってなりました。 あ、そうか!って腑に落ちたことを思い出しました。使い方、扱い方によってまさに天敵。天敵より、よきパートナーになりたいものです。

陰影

店には強い西陽が差し込みます。
大きな窓だけに、春先からよしずで陽をさえぎり、上下ある上窓だけ開けているのですが、ふとみると窓からの陽が壁に。
陽に照らされた家具の木と鉄の質感と陰影の違いがはっきり浮き出ていました。
その光と影という両極の違いと木と鉄という、同様に両極にあるモノが創出されたその形は、影としては同質のものの様に壁に写っています。

 

違うモノとしても、形にしたのは人間です。そういう表現を例え機械的に作業してできたものでも、
その表面には、機械ではでない少し歪んだアンバランスさを感じます。
それがまたいい味という人もいれば、気になる人もいるでしょう。でもそんな曖昧さに自分は惹かれます。
どちらが好きと聞かれれば 木 と答えますが、どちらも人を介したモノに通じる魅力にも惹かれます。

今、この写真に写っている家具の一つのパーツがアンバランスでさえ、このラインにいたるまで、どれだけの人を介したんだろう。
そしてどういう意図でこの全体のデザインの中でここを張り出したり凹ませたるに到ったんだろう。

こうして見ると世の中にあるものは人の意図でいっぱいですね。
沢山の意図されたものから選択したものを身近なものに。
こういう循環があるからこそ、さらにその意図を昇華させようとして、いいものが生み出されるんだろうな。

 

 

 

 

最近、気になっているのが、キャンドルでした。倉庫に一度キャンドルを灯したいキャンドルホルダーがあって、そのことで北海道でキャンドル製作をしているSTELLA  LUCEさんとやりとりをしてる間にふと気づいたことありました。

店内を見回すと、意外にキャンドルホルダーやランタンなど灯火具が多いことに。いろんなところで仕入れていて、多分無意識というか、単純に好きなんでしょうね。材質もエナメル、ブラス、ピューター、ブリキ、コッパー、アイアンなど。

よくよく考えると、自分が扱う家具のいくつかは、キャンドルやランタンの灯で照らされてきた時も過ごしてきたものです。だからキャンドルホルダーを家具においても自然です。相性がいいなと感じます。当時の生活空間の中では普通だったものを、知らず知らず切り離し、個としてものを見てたから、はっとしてその関係を再認識させられました。

ガス灯がともり、電気が普及し、省電力とLEDがもてはやされている昨今、キャンドルは実生活では常用なものではなくなっています。これは反省もあるんですけど、店で扱いながら、自分の中ではキャンドルホルダーの雰囲気、灯がともされている妄想の中の世界で満足してた感がありました。

でも実際には演出として灯して食事をすることあれば、灯でまったりすることもあったり、キャンドルナイトなどいろいろなイベントが行われています。ただ灯をともすだけのものだけでなく、キャンドルそのものの表情をみせるように努力している人もいます。キャンドルホルダーの代わりになる小物も意識してみれば、身の回りにあったりもします。

それぞれの使い方もあれば、接し方もあると思いますが、この時代だからもっとキャンドルを身近に使っていきたいなと思いました。使ってこそ伝えられたりするものも。 でも火事だけは注意ですね!

店の前で行われる今年の花火大会の日は、キャンドルの灯だけで営業してみよう考えてるので、そのときは覗いてみてください。灯に照らされる家具や小物がまた違う顔をみせてくれると思います。

 

バシャバシャ

5月に福岡にやってくるアーティストさんのPVみてたんですけど、なんかかわいらしいじーさまやばーさまがでてきます。まだ観ていない邦画にも使われた曲らしいんですけど、どんなシーンで使われたんだだろう?

https://youtu.be/mZTb8WxEW78

でてくるいたずらや行動は、自分も全て小さい頃にしたこと。それが万国共通なところってあるのかもしれないなって思いました。みずたまりをバシャバシャするシーンをみて、店の2階の主がしているインターネットラジオから流れてきた曲というか音を思い出しました。

https://youtu.be/C7ba1CNOLiI

バシャバシャしてたら、リズムになり、隣で自分もしてみようって。なんかこれおもしろい!!って。ことの始まりは単純だと思います。でもその単純ななかにいろんな要素がはいってるんだろうな。そんな積み重ねで今のそれがあるんでしょうね。2つの映像や小さい頃の思い出を思うと、人間って過去も今も人間だなって思います。

学童椅子

近所の古本屋さんは、なぜか家の整理で出てきて物などを扱ってるお店なんですが、たまに家具が売られています。そこで見つけたペンキが塗られたぼろぼろな学童椅子を見つけてきました。

 

日本の学校などで使われたもので、よく蚤の市でそれなりのお歳をめした方が、あら懐かしい~とおっしゃる椅子です。 外に放置されていたようですが、全体がぐらぐらしてたので新たに糊いれました。

座の一枚がかなりえぐれているので、その一枚をひっくり返し、全体のペンキをはがすか、そのままでいくかは考え中ですが、よくよく見ると焼印みたいなのが、ペンキの下にありました。よーくみると。

出身高校の名前があって、母校の椅子だって気がつきました。でも自分が通ってたころには見たことはないので、それより古いんでしょうけど、高校でもこの手の椅子を使ってたんですね。てっきり小学校とかでしか使用されていないと勝手な思い込みしていました。でも地元ならではの出会いだなと思ったしだいです。

 

radio station

ここ数年の音楽の聴き方は、特定の人を追いかけて聴くこともなくなり、インターネット上でラジオ番組とかを流し聞き。いろんなジャンルがあって、それこそ世界中から音が発信されてる世の中ですが、2階のBAMAKO店長も始めましたネットでラジオ。

http://creativefreedomradio.com/

いろんな時代のいろんな国の音が流れてきます。過去、現在に世にでた様々な音たち。 それは店におきたいもの達に似ている感じです。 最近は店ではもっぱら上のサイトから曲を流してますよ。

 

 

Motto

ここ数日家具の直しとともにカトラリーの整理をしてます。銀器も少し仕入れてはいますが、前回はEPNSと刻印されているニッケルシルバーや一部ステンレスのものを仕入れました。刻印から製造会社、製造地、品質などがおぼろげにわかったりして、夜な夜な調べ物などをしてました。

皿 カトラリー アンティーク

 

ナイフには、HARRISON BROS & HOWSON  CUTTERS TO HIS MAJESTY とその上に王冠をはさんでG Rと文字がみることができました。いろいろ調べてみると、イギリスはシェフィールドにある会社であることがわりました。そしてHIS MAJESTY ということから、王様をさし、王冠とGRの符号は1910に王位につき1936年に亡くなったGeroge Vだそうです。そしてステンレスとして表記が始まるのが1914年以降といことでしたので、この製作年代は1910~14年の間の可能性があります。

そして別にラテン語がみれます。そこには UBLIQUE / QUO FAS ET GLORIA DUCUNT  というエンブレムがあります。 Everywhere, where right and glory leads us というRoyal armyの砲兵隊と工兵隊のモットーであることがわかりました。どうやら軍隊で使われたか、それに関係していると思います。

フォークは、オリジナルの先端が何らかの理由で外れて(外して)付け替えています。接合部分をみると、かなり強引につけてる感があります。刻印はみれないのですが、私見では柄のほうが古く、柄を使いたくこの処置をした感じです。そういえば、バーミンガムの博物館で日本の小柄(蟹の細工が施されている)の柄とフォークの先端とつなぎ合わせていたものを見たことがあります。

いずれも長い間使用されたようで、ナイフは何度もシャープニングされ、フォークも修理されています。こういう使われた時間を刻んだものをみると愛着がましてしまいます。

 

 

リース

先日中学の同級生二人が店に遊びに来てくれた。今では立派なお母さんだけど、話せば昔の面影濃く、基本変わらない二人。お土産にリースを開店祝いとしてもらった。寒くなり、それにあわせて少し商品をだしたりしていたけれど、クリスマス的な雰囲気はなかった店だっただけに、少し雰囲気が柔らかくなった感じがします。

クリスマスリース

そこで置き場所に選んだのは、ドレッサーのトップ部分の上。調度ドレッサーに置いているフランスからやってきた18世紀の朽ち果てたと思われるかもしれないマリア像の上に置いてみた。マリア像は細部に彩色を残すのみで、今では色も剥げ落ちているけれど、その像の歴史の中では、こうしてクリスマスにはもっと眩い日々を過ごしてきたかもしれない。

像で思い出したのが、たまに覗いてはいろいろアドバイスをいただいた日本の古美術あつかうお店でいいもの見せてあげるよと、山の神をまつる木製の人形をみせてもらった。烏帽子をつけるその顔は墨書き。でもこれが少し遠くからみると、その顔は生きている人みたいに、表情がついているのかと思わせるほど、顔が浮かびあがってくる様。ほんとに山の神がいる的な感覚に陥ったことを思い出しました。こういったものはこれから何百年と伝わって行くだろうなと感じたんですが、このマリア像も自分の気を妙に引き、日本まで連れてこようと決心したものでした。

倉庫

 

少しづつ倉庫の隅に工房スペースをつくってますが、ようやく作業台をつくりました。もともとアパートに改装されてたのを、壁などを抜いて倉庫に再改装した場所なんですが、そのとき取り除いた廃材からつくりました。作業台につける万力もネットオークションでやっとみつけて2つ落札。残りは天板だけ。いいのがないのでとりあえずコンパネで対応させてます。 

廃材だけに、前の住民の人が描いた落書きや、貼られたシールもあり、小さい子供がこの空間に住んでたことがわかります。このシール、実はのび太シールだったりします。

 作業台完成し組み立てたら、今度は作業スペースが狭くなったので、物置にしてた続きの間の壁をぶち抜こうと決心。

前回は馬鹿丁寧に壁をはずしてたんですけど、今回は一気にあけ、床も簡単にコンパネを貼り付けただけと手抜きしてます。でもこれで作業が少しはしやすくなりました!作業場ぽさがまして、一人にやけてました!

2012.11.29 Updated |

Louis Vuitton

Louis Vuitton  Advertisement

 

Louis Vuitton History

 

 

 

魅せるなーと思い、これまでの流れの映像とともにアップしました。昔のトランクを買付けのときみつけて、目を光らせたものの値段みて、灰さようならーでした。

2012.11.25 Updated |