実家の仮作業場に手を加えるべく庭に増築をと考えている最中に、裏手のお向かいさんが引っ越しするからと家具の引き取り相談に始まり、片付け依頼を経て週に1、2度そこに住むおばあさんと、これいりますか?捨てますか?と確認しながらゆっくり半年ちかく作業をしていました。

長い間お邪魔していると、古い家ながらも所々にお気に入りの場所を見つけ、あんな風に、こんな風に手を加えていけば、きっといい表情になるなと、妄想に暮れた建物。それは物心ついた頃には目にしていたもので、実家同様平屋だけれども、庭も広く、玄関近くの1室は、テラスがあり、窓にルーバーが付き、隣の芝はなんとやら。

空き家にしとくのは忍びなく、愛着も湧いてきたところでルーバーが付く洋間の一間を貸してほしいと持主さんへのお願いが通りまして、作業場として活用していくことになりました。

実家の玄関から80歩。実家のWi-Fiも入るとたったそれだけなのに、ほくそ笑む。作業台を一人で車に乗せる手間よりも、台車に乗せてそのまま道路を渡れば楽だろうとゴロゴロと押して作業場の引っ越し。学生時代に近所の引っ越しだからと、畳屋さんにお願いして軒先に置かれていた大八車を借りて街中を押す自分を思い出していました。

まずは作業できる体制を整え、貯まった修理作業を優先して、手を加えたい箇所の手入れはこれから借りている間にのんびりしてゆく予定です。

作業台2

軒先に運んだばかりの作業台。立てて運んだ作業台をそのままにして置いたら、この後強風で倒れて、パーツが外れてしまいました。大体こんなオチだよなとぶつくさ言いながらそこでの修理第1号は、移動したばかりの作業台。

これがないと作業できないというのもあるけれど、店をオープンするときに作業場づくりした建物の解体作業で出た柱などの廃材で作った作業台。修理することで、ある意味気持ち的にも締め直すきっかけにもなりました。

知らない間に汚し、傷もつけてきたけれど、まだまだお付き合い願おうか。お互いだましだましでも動くまでは。

 

その日はまた、いつものように

春めいてきました。
今年の桜は、きれいに咲く姿をみせてくれても、はやり病を背景にいつもとなにか違うような、違わないような心持でながめていました。でもこちらの心情に関係なく咲いてる姿にも安心するような気持があったのですが、たまたま目にした文章をみて、繰り返して読んだ詩。
偶然ってやつは、ぽんぽんと軽く肩を叩いていくように、なにかを投げかけてくれます。


薔薇ノ木ニ
薔薇ノ花サク。
ナニゴトノ不思議ナケレド

薔薇ノ花ナニゴトノ不思議ナケレド
照リ極マレド木ヨリコボルル
光リコボルル

「薔薇二曲」『白金之独楽』北原白秋

RIMG0373

玄関を開けると目の前に在るお向かいさんの駐車場に咲く桜。今年は夜になるとスポットライトというお向かいさんの計らい。
4月4日、スーパームーン前日のお月さんと一緒に愛でる心地よいひと時。

 

 

2020.04.18 Updated |

トウキョウ

家具の視察で久しぶりに関東に行きました。
とある家に古い家具が納められたという、誰かが設計した新築の場所に、どんな使い方をしているのか知りたくて。
家に辿り着くまで、話をした建築家さんの言葉で意識した歴史的環境、地形的環境、そして自然環境のなか、施主さんと建築家さんのカタチの中におさまる家具を見て、その一体感とそこに流れる思想に触れてただただ、ワクワクして、感じ入りました。
高揚感に支配されてしまい、腰を据えて感じる心地好い落ちつきさは、身を置いたときの想像もあるかもしれませんが、それでもそれでも。
直感的に溶け込む感覚です。
 
これから施主さんたちと変化していく、建物と住空間。
数歩すすんだけのタイミングで、なかなか見せていただく機会はそうないだろうと思う緊張の玄関。出る時には嬉しくて、短い滞在でも充実した時間を過ごしました。
その充足感は、建物そのものが与えてくれるもの、自ら気になる場所へと身を動かし視線を向け感じるもの、その両方からくるものでした。
そこで語られた建築家さんの思わくのよさ。そして施主さんの思わくに思わず息を吐き納得していました。
ある地点から見た室内に、世界樹という言葉がでてきたのですが、それは単に見る、見たで得たイメージです。
施主さんの語らいには、ご自身の思わくがこめられていて、これがまさに。
その場で得た単なる情景の感想とその場で生活をしてゆくなかでの思想との違い。
その奥深さに。ただただ、ふぅっと。
 
それから帰りの飛行機の時間を遅らせていたので、以前本で見て、常々行きたいと思っていた東京駅前Kitteにあるインターメディアテクに寄りました。
新しく設置された空間ですが、東京帝国大学時代から使用された家具と博物館什器。そして収められていたモノが、場所を変え、陳列されています。
そこに在る陳列する意図は、陳列されるモノの存在からモノを観せていた空間に置き換えられているかのように感じました。勿論、当時の場を切り取り再現している空間もあります。
 
今日、共にその空間に居合わせた人たちを見ると、本来の陳列される目的の理由が後付け的であるけれども、見る側は、本来あった理由として、そこに陳列されたモノを見ているように思いました。
意識して範囲を広くした視線の先にある、幾つかの別テーマなモノが存在していても、ただその場に調和して鎮座しているモノを見ているかのようにです。
破損した標本は、活きる標本の価値を損ない、廃棄されうる対象にもなる、危うい存在として博物館などではお蔵入りしてしまいますが、ここでは標本といわれていた魅せられるモノへの変化も遂げています。
 
その中で、本来モノを見せる行為の中では脇役であり、見せるまでの過程で、作業をし、保管をし、モノではなく人の意思でカタチになった家具。隙間や欠損した部位を剥き出しにし、色褪せながらも、新たなしつらえの中で、ぽつりと浮かび上がり、主役たらん脇役を演じているように見え、陳列されたモノ同様に愛でてあげたい対象になっていました。
それを古家具を扱うヒトの色眼鏡と云うとか云わぬとか。
 
ただそこにも、とある家で感じた一体感を覚えます。
居住空間という、プライベートの空間も公にオープンな空間も、一体感に満ちた空間は、同じ感動を与えてくれました。手を加えられた場に置かれる古いものの具合と人との距離。違う場所でもそこに心地よさを感じていたと思います。
半日を振り返った飛行機のなかで、その感動の奥底で通じる想いを書いています。
地に足を着けず、空の上で言葉を綴る不思議さもちらちら頭をよぎりながら、場面場面を思い出して。
 
今回は、一体感に目を向けていました。ヒトの存在とヒトの魅力があって、様々なモノの存在に反映されている事も感じました。
そんな気持ちのなか、古い家具たちを愛でる以上に手を触れて、いのちの先まで、その魅力が風化しない程度の手伝いを。
これからも得られるその機会を愉しみにしていきたいと思います。
 
IMG_3455
 追記
写真は帰りの飛行機。子どもかってぐらい反応した眼下の灯りに意識を持っていかれました。
着いてすぐに江戸東京博物館で、江戸から東京への追体験。
加えて東京駅や帝大に収まっていたモノに触れた時間を過ごしてたので、江戸!トウキョウ!って子どもみたいに。当時は東京湾に反射する月明かりぐらいだったんかねーとちょっとな昔を想っておりました。
飛行機のなかで書いた文に加筆もしております。

水たまりにジャンプ

この1年は、家具以外の日本の古いものを扱うことをしています。一昔前まで馴染み深く使っていたものから考古資料、絵画や書、人形から襤褸などなど。本来の修復作業の時間がとられている面もあるんですが、合間に家具の修理・修復・改造や製作を地味にしている毎日。そんな中の作業は、うまくいく作業もあれば、まったく駄目だという作業もあり、未熟すぎると辟易することも。イタイイタイ。

家具以外のものでも後世に残すという作業をもっと広い視点でとらえることを、家具と同様に扱うように意識しながら、そのひとつひとつを視ていってます。生々しい記録もあれば、こうなのかなという憶測も混じる中、その残された今の意味を考えながら。

古いものを扱うという行為と同様に保存という事柄に対して昔から関心がありました。今、またそういう事柄を、今いる環境で出来る範囲で少しづつでも知っていきたいなと。今していることが、そこに結びついて進んでいます。

そんな中、久しぶりに開いたStichting Ebenistという家具を含む木製品関連の保存や修復を取り扱う国際的な団体のホームページ。近々のシンポジウムがもう間近なんですが、家具保存への新旧のアプローチなるタイトル。

行けない分、早くシンポジウムの内容が公になるのを待ってます。
その中で目を引いたのが、海外に渡った彫刻が施された屏風が発表の対象なのか、The reconstruction of a carved Japanese Kaki wood screenというもの。
日本人職人とヨーロッパの保存家が技術と知識をシェアして壊れたフレームを再構築した内容。
直に聞きたい内容です。

未熟な自分にイタイイタイと辟易するよりもイキタイ、イキタイというところから発進して、今向かっている方向に傾倒したほうがよかろうとこの数日で味わった自分の感情の流れの一コマでした。

そんな揺らぐ中、偶然また聴いた4年以上前にこのnoteに貼り付けた曲。このライブの別バージョンは見てたんですが、こっちのほうが、なんか自然な一コマのイキイキさを感じて、いいなって。

2018.11.19 Updated |

うつろい

梅雨もあけ夏真っ盛りとなると作業場周辺の彩り豊かだった紫陽花は、幹だけはしっかりそのままに、ただ枯れた姿をさらしている感じです。そして秋の気配を感じ始めたころ、来年の為に切り落とされていく光景を目にしています。乾燥し、変色してもなおドライフラワーにして飾りたくなるものが、大地とつながったままで枯れた姿は、対局なものが繋がっているようで、不思議さを感じた日がありました。

IMG_1668

そんな日に店をみると、花があちこちにあると気づきました。大自然でもなくともそこで日々過ごす人間にとっても、花は身近なものであり、この先も人と花とは同様な関係が続いていくんでしょうね。そのままであったり、そこに手を加え違うものを表現させる代弁者となったり。

などと涼しくなってきた秋の夜半に思いにまかせつつ書いていると聞きたくなった曲があったので。なぜか秋に。しかもこの声、曲のライン、楽器の音自体、沁みてきます。

 

『もののあはれは秋こそまされ』的なのでしょうか。でも兼好さんもその後に綴られているように

『をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ』 (季節の移り変わりの様には趣きがある)もあるなと。季節季節を楽しみ、その移り変わる様を自分目線で見てみると、自分なりの小さな発見がありそうですね。

2017.08.28 Updated |

とあるエッセイ集中にみつけた古いものについての記述

『古いというただその事実が、その物に対して何かしら親しみを覚えさせる。

人間は『過去』から出てきて来るのであるから、自らその出処に対するあこがれを持つ。未来に対してもあこがれを持つが、まだ踏みも見ぬ天の橋立で、一種の危惧がある。過去には危惧はない。とにかく通って来たので、このあこがれには望みはないが親しみはある。親しみはやわらぎに外ならぬ。』

また

『懐古癖というが、これは癖というよりも人間自然の惰性である。これは誰にも、多少の差はあれ、あることは疑われぬ。『時』には不思議の性格がある。これがまたやわらぎの惰性を構成する一要因である。』

IMG_1658

あまり自分が使わない言葉、自らも持つ感覚について表されている別の表現は、同じものなのに違うものとして受け止め、別の捉え方が自分の枠を気持ちいいほど簡単に外してくれる感じを持つ。

1947年1月・2月『知と行』

「やわらぎ」P229-234『東洋的な見方』鈴木大拙著 上田閑照編 岩波文庫

2017.08.25 Updated |

箱を開けて

自然の営み と 人の営み

image3 (1)

自然と人工と反するようなものですが、同じだなと感じました。
花も人も命を持ち、その営みには、知らず知らずに、或いは、はっきりと意志や意図が反映さているかもしれません。

北海道在住のキャンドル作家 折笠 恵子さんの作品が今朝入荷し、山の店で開封し、箱のまま店の外に持って撮影していました。

彩り豊かに咲くこの瞬間の紫陽花とキャンドルをのせたスタンドが調和しているというだけでなく、花は枯れ、キャンドルは燃え尽きるという、なにかはかなさのうえにある微妙な心境に、そのものたちが、共鳴するように感じました。

『消えるものは、美しいと思いませんか?』

と、折笠さんは、自身のブログに書いています。そして綴られる言葉に、

『夜の紺色が夕暮れをのみ込むとき。
陽の眩しさがゆっくりと夜を連れ去るとき。
何の意図もなく曖昧に入れ替わる四季。
そんな機微の美しさを表現するために、わたしはキャンドルを作っています。』

紫陽花自身はどうしてその彩りを表現しているかは、わかりません。折笠さんも紫陽花を意識して製作していません。ただ今回自分が紫陽花とリンクしたまでですが、写真を撮り終わったあとにブログを読んで、なるほどなと。
でもその真骨頂は作成する意図以上に灯すことだと思いました。灯すそれぞれの人へ、またその空間に、なにか違うものが付加されていくような感じ。キャンドルとして全して、消えてなくなる。それが作られたという1つの証明。灯火上には見えないところのなにか深い意図のように感じます。

『ずっと同じまま存在できないけれど、きえるものは美しいと思いませんか?
誰もが、いつか消えてしまう「命」をいきているように。』

撮影しようと思って自然と人工が同じだと感じた最初の思いが、さらにブログを読んでもっと輪郭を持って感じることができました。

 

2016.06.06 Updated |

こぶのいち

山の店があるベラミ山荘の変化を象徴するものの1つ。内からでなく、外からの動き。
ベラミ山荘内の不要なものを処分するために始まったベラミ市に始まり、自分の店や工房を移動し、母屋にお店やアトリエが入り、人の出入りが多くなってきた昨今。
オーナーの、ベラミ山荘に居る人の、その個々の人の繋がりや出会いで、新たなことを始めていました。

大きくみれば古いものですが、個々の眼を通して集められてきたものは、ただ古いものとしてあるだけでなく、なにか別なものを内包して、個性をより発揮しているように感じます。
その巡り合せも骨董市、蚤の市の醍醐味であり、蒐集癖をくすぐる魅惑の迷宮となる。ような気がします。

それを、ここでは、こぶのいち といいます。 こぶは、こぶつ(古物)のこぶ。

IMG_0314 - コピー〈ベラミ山荘の門。2016年6月5日に、こぶのいちの門として、開門しています。〉
 
ベラミ山荘に魅せられて、ここで何かをしたいというものが、この場所に縁のある古もの好きな人たちの中にありました。それを蚤の市というかたちで3月に1回目が実現しました。内からでなく、外からの提案。それが変化の1つ。

来る人を不思議な感覚にしてくれるベラミ山荘という空間。自分もその感覚を味わった1人でしたが、共有したい気持ちをも持たせる場所です。
併せて、のんびりと自分のペースで過ごしてほしい場所。その意識が来た人たちに生まれた場所だから実現したと思います。
その実現に協力、参加してくれる人も、なかなかどうして。十人十色。そんな言葉がでてきます。
だから集められたものやそれらが並べられる場、それを集めた人、それをみたいと来る人が集う、こぶのいちという空間を楽しんでもらいたいです。

そして忘れてはならいなものを追記すると、いつもは提供できない飲食。これも繋がりがもたらしてくれたもの。
来てくれている人の気持ちになにか温かいものを感じさせてくれます。こちらをメインとして楽しんでもいいかもしれません。十色のなかのいくつかの色彩。

さらに今回は、この時期だからこそのものが。山荘を離れた道路一つ向こうには、陰ながら手間をかけて育てられた、紫陽花 が咲いています。
色、かたちも違うさまざまな紫陽花たち。その存在には、日ごろ時間があれば、足しげく通い、静かに手入れをしている陰の生育者さんたちを見かけていました。そんな人たちが居るのも忘れずに観てほしいと思います。

古いもの と くちにするもの と はな 
人を介して、使い、味わい、鑑賞する。

みな、おなじ。なような気がします。

そういうものが取り巻く、こぶのいち。自分にとっては、異彩が放つ色彩豊かなもの。
彩りを加えてもよし、抜いてもよし、その補色した色彩を楽しんでほしいです。

それぞれの理由で。それぞれの感覚で。

 

 

2016.05.20 Updated |

寄り道

ここに壁時計があります。自分が住む若松のある時代に時を刻んでいた時計。
映画『花と竜』、舞台は若松。原作者の火野葦平の父や家族、その当時の若松を描いた小説を映画化したもの。
中村錦之介、石原裕次郎、高倉健、渡哲也などの俳優が起用され、何度もリメイクされご覧になった方もいるでしょう。
主人公である玉井金五郎の生き様を描いたもの。その玉井は史実として石炭荷役請負業「玉井組」を設立します。
石炭で賑わいを見せた若松の歴史の中の一断片ですが、この時計が玉井組の事務所の壁に掛けられていたもの。

その事務所から時計が外されて、どのくらいの時が過ぎたかはわかりませんが、今日までの間に欠損し、扉も外れ、
中身も錆びてしまっていた時計。そんな状態で修理依頼がありました。

IMG_0032IMG_0056作業の流れ

近似する木目を抽出してパーツ作成

オリジナルの柄をパーツに転写

彫刻後モール作成

ステイン

ポリッシュ

ワックス

 

 

彫刻は専門でないものの、今回は浅い彫刻なので手持ちの彫刻刀でなんとかなりました。これがより立体的になると得意とする修復家や彫刻家にお任せします。
得意とする人に任せた方が家具やモノにとって最高のケアだと思います。もちろん自分ができる最大のことを施して。
でも彫刻を観察すると、ここから刃を入れてるなとか、その人なりの癖がみえてきます。そのタッチまで忠実に再現は出来なかったにしろ、楽しい観察と作業です。

今回もケースである外側は自分が担当し、時計本体は時計屋さんにバトンタッチ。同じように壊れた時計を目の前にし、さてどう修理しようかと時計屋さんが手を加えていく過程に移ります。

前の使用者から次に受け継がれる過程で、修理する人間も外見担当の自分から中身担当の時計屋さんに受け継ぐ流れ。
古いものを修理する世界でも、場所場所により、そんな有機的な関係の拠点がいくつもいくつもあれば、
時を超えて受け継がれていくものが、確実に増していくことでしょう。
ほんのちょっぴり私たちのところに寄り道して、新たな時を刻んでいくだろう時計。
今回は単に作業をするだけでなく、土地と歴史的な繋がり、人とモノの繋がり、人と人の繋がりというものをすごく意識して作業したものでした。

中身が修理され稼働した時に奏でる振り子に伴う音や渦巻き状の金具をハンマーで叩き、時を報せる音。
一体どんな音なんだろうなとワクワクしてこの作業を終えました。

2015.12.27 Updated |

次の場所

店と修理を別な場所から、同じ場所で。
それが次の場所。

店と工房。ともに興じる空間ですが、異なのか同なのか。
そこに介在するのは、モノと自分の存在は変わらないものの、
その空間を取り巻く意識的なものは、異なのか同なのか。

ちょっとしたスイッチを入れ替えるだけで、異にも同にもなるのでしょうけど。
興じる感覚の受け方が静なのか動なのかでも変わるものかもしれません。

11938180_180996412231886_381760007_n

雨傘をさし、海の店を覗く後姿。青が白地のバックに映えています。
前回初めて海の店で行った企画展に一緒に参加した、虹のいろいろ、蒼さんの写真。

晴れ、雨、天気はそこに関係なく、そこにあるのは色彩を伴う一描写。それをいい写真だなと感じました。
それが陽のまばゆさをさえぎるためでも、それが雨露しのぐための場合でも。

見たときの感覚次第で、傘をさす背景を、晴れ、雨、きまぐれなどと見る側が感じる自由。
それと同様な感覚で、これから作り上げる次の場所をみている自分がいます。

実際としては、まだ作っていないその空間にわくわくしつつ、作れていない空間にやきもき。
そんな心境下で次の場所の絵空事を描き、この数か月過ごしてきましたが、
ようやく、少し容をもって活かせそうです。

2015.09.20 Updated |

しまわれたモノ

しまわれたモノ と しまうのに選んだモノ

RIMG1721

まさかこの容れモノにこんなモノが。
 こういう組み合わせに、意外性からの笑み浮かべてしまいます。

2015.02.04 Updated |

2015年

蚤の市で見つけた、医療用の器具。用途は不明ですがスライドする蓋がついてま­­す。今は、違うものに転用して使用してます。
RIMG1685それはアニマルグルー(にかわ、接着剤)用のグルーポッドに転用。蓋もついてるので埃も入らず、少量なので熱湯につけて柔らかくしやすく重宝しています。ちゃんとしたグルーポッドも有りますが、鉄製で大きいので最近はこちらをよく使います。瓶の中に、溶かす前の固形のアニマルグルーがありますが、これに水も加えて一時置いたものに熱を加えると液体状なります。基本的には、この糊を使ってます。ただ必要に応じて木工用ボンドやもっと強力な糊も使用することもあります。それは、これ以後の修理も考えての選択です。

さて新年も始まり、また今年も修理・修復を進めていきます。
昨年は、依頼された家具修理・修復も増えて、何かしら作業をしていました。1年を通して作業している椅子もあります。お客様のものが大半なので、サイト上では写真を載せていませんが、どんな家具なのか、簡単なリストですが、以下この1年で修理し終わったものです。
修理
・ホールディングチェア(1970~)
カードケースの傷修正と再塗装(イギリス 1920~50)
アームチェア(イギリス 1820~40)
アームチェア(イギリス 1820~40)
テーブル (イギリス 1880~1910)
テーブルの脚 (イタリア20c)
トライポッドテーブル (イギリス 1860~90)
トレイ (イギリス 1900~1930)
スタンド(イギリス 1900~1930)
カクテルキャビネット(イギリス 1970‘s)
・チャーチチェア(1900~1950)
・スツール(日本 昭和)
オットマン(イギリス 1900’s
座の張替
・スツール(1930~50)
・子供用ハイスツール(日本1970~80)
事務用椅子(日本 昭和初期)
製作
・座卓の脚をテーブル用に長さを延長してコピーして同型の脚を製作

今年はどんな家具に出会えるか楽しみにしつつ、慣れると癖になる膠の匂いが充満する作業場からの挨拶でした。

それでは皆様よい御年を!!

Not smoothly but・・・

模様替えして、少し出来たスペースにロッキングアームチェアを置いてみました。

座って気になったところが2箇所ありました。肘掛の高さとロッキングの動き。

RIMG1585

 

今度は肘掛のない椅子に座りなおし、手をだらんと下げて、肘を曲げて、心地いい高さに自分で調整すると、座面から27cmを計りました。店で心地よく肘をかけて座るスモーキングチェアは、座面から28cmでした。

気になるロッキングチェアの肘掛の高さ17cm。無理に10cm肘を下げた時、心地よさもありません。

 

ただこれは普通に座った時の場合です。椅子に身体を預けて座ってみてください。自ずとお尻が座の前に出て、身体が沈みます。と同時に肘も下がります。預けきったときの位置で肘の高さを計ると。なるほど。この高さが心地よくなるんだなと。

 

ロッキングならではの、身体を預けた揺れの心地よさも魅力の一つですが、この椅子はごつごつした動きです。スムースに前後にならず、揺れの心地はよくありません。

 

ロッカーを見てみると、修復された箇所がありました。一度平らになるように両方のロッカーをカットして、新たに木をつけてカーブの成形をしていました。その成形がうまくなかったのか、使用していく間に、再度磨耗して、心地よい弧のラインが崩れたのかは、わかりません。ただ使われ続けた椅子の今が、その揺れに現れているだけです。

 

でも身体を沈みこませ、背の間にクッションを入れて、ごつごつとした、小刻みがちな揺れを受け入れてしまいさえすれば、心地よい椅子になります。
合わせて生む心地よさというのも、古いものと付き合う魅力の一つだと思います。

 

休んで、揺れて・・・。ちょっと違うけど、そんな歌詞だったなと思い出して。

 

まさに休んで、揺れて、秋晴れの日差しを受けた、土曜日の午後に思ったこと。対象は違うけど、少し違う形になったとしても、感じさせるものは変わらずに存在してると。

張ってみました

久しぶりに椅子張りをしました。
これまで椅子張りの仕事は、経験はあっても椅子張り職人ではないので、お断りしてました。
が、これまで張替えの問い合わせが多く、その経験を活かせれば, こちらも、あちらも、そして家具の関係も、さらに寄り添える関係になれるかなと思い、受けはじめました。
と、言っても全てに対応できません。ソファーとかではなく、キッチンチェアなど座だけのものとか、やれる範囲で少しずつ。

椅子張り

今回したものは、北九州市小倉にあるyang bang brocante さんから依頼されたもの。http://www.yan-gang.com/
今のようにウレタンのマットを使用せずに、ステッチして成形した麻布に繊維の詰め物とスプリングで座を構成しているものでした。
座布自体がすれて、詰め物が飛び出している状態から、綿の布で詰め物の繊維を包み、ワディングという綿状の敷物を敷き、最後にトップコートの座布を張る作業。タッカーでうちつけるのでなく、一振り一振り鋲打ち。
布を剥がさないと詳細がわからないところがあり、これも他の家具を修理する場合と同様で、頭を搔くこともあります。

ついでに、指も少し腫れ上がってました・・・。刺したり、叩いたり・・・。

 

 

2014.07.20 Updated |

ふとして

くすんで、磨くつもりで店の奥にしまってあったカトラリー。
見てもらう機会があって、奥やらキャビネットのひきだしから出してきたカトラリーらは依然くすんだまま。
そんな風にしたままの状態に、これはこれは・・・と気付かさせてもらい、磨き始めた中にあった二つの小さなスプーン。

RIMG1222

両方ともシールドの中にT.H&Sの刻印。刻印からメーカーを特定できなかったものの、同じところの所業で間違いはなく。
ただ柄の先端の飾りが左右逆。もう一度ひねれば同じ方向なのに、これは意図的なのか気まぐれなのか。

仕入れた時や前回磨いた時には気付かなかったこと。そして2つ在るから気付いたこと。
思い込みのままでいると、目の前にある事実さえ、見落としてしまっていること。
雨降りの中、磨いている最中に ふとして気づいた事柄。